単発カキコ。
きっと、また昔みたいに連投するには、もうしばらく時間がかかりそうです。


ちびーず達はみな元気です。
これから、冬への支度をしていかなければなりませんね。

北の部屋の子達は、床に電気毛布で既に支度に入りました。
南の部屋の子達は、まだ暖房は必要なさそうな気配です。

いずれみんなに、モコモコスリッパ買ってあげたいなぁなんて考えたり。


息子の病院で先生にお聞きしました。

秋は魔の季節なのだそうです。
秋という季節は、心にも体にも、とてつもなく影響があるのだとか…。
9月から10月、大体11月になると少しずつ落ち着くのだそうです。
この時期を乗り越えるために必要なのは、本当に支えになってくれる存在と
物事をやり過ごす力…だそうです。

秋という季節に魅入られてしまうと、人の心は脆くなってしまうんだとか。


負けないようにがんばらなくてはいけませんね。
皆様もお気をつけください。
[PR]
# by kiran00 | 2009-10-25 19:13 | その他管理人の趣味
息子について。
2学期がはじまって数日。

ようやく学校へいくペースが戻りつつある我が家です。



そして、息子が学校で友達と遊ぶ約束をして帰ってくるようになりました。
今日で2回目。
公園で元気に友達と走り回って遊ぶ息子。
嬉しい限りです。


最近は、息子は薬の副作用で食事量が減退傾向にあり、
体重も伸び悩んでいるうえに、不眠状態。

病院へいったところ、薬を変えることも視野にいれなくてはならなくなりました。


今飲んでいる薬はコンサータといって、中枢神経に働きかけて症状を緩和させる
作用のあるものを使用しています。(コンサータ=メチルフェニデート)
以前はリタリンという薬が使用されていたようですが、リタリンは依存性が強く
違法的な使用方法をする患者が増えたため、今ではあまり使用されません。
ちなみに、リタリンもメチルフェニデートで、コンサータと成分は同じです。
違いは、錠剤かカプセルかくらいでしょうかね。
リタリンは効き目が即効なのに対して、コンサータはカプセルから1時間ごとに
少しずつ薬の成分が染み出てくる感じなので、依存性はさほどないそうですが
18歳以上の使用が禁止されています。

それに対して今年半ばに新たに認可された薬がストラテラ。
こちらは、AD/HD治療薬で初の非中枢神経刺激薬です。
即効性のある薬ではなく、飲み始めから効き目が安定まで1ヶ月ほどかかります。
(ストラテラ=アトモキセチン)
ただ、薬を飲んでいる間だけ、症状緩和が見られたコンサータとは違い、
1日2回の決められた服用さえ続けていれば、1日中薬効が切れることはないそうです。
緩やかに効き目の表れるもので、基本的に成分も作用も違うので
依存性などはまるでないということで、安全性の高い薬として薦められました。

確かに、コンサータは1日1回のみ服用で、12時間のみの持続(個人差あり)
だったので、細かい調節は出来なかったし、困ったことは多々ありますが…。

ここに来て思い出してしまった悩み。

コンサータを飲ませるときに、何に一番悩んだかというと、
AD/HDという障害が、息子が円滑に生活を送る上での阻害となることは
分かるのですが、だからといって、生まれ持ったものを打ち消すようなことは、
息子の存在への否定なんじゃないかと…。
薬を飲ませてまで、円滑に送りたい?

『親なのに、ありのままを受け入れてあげられないの?』

こんな言葉が頭をかすめるのです。

違う。
これらの薬は、息子の性格を変えるものではなくて、
息子の手助けをしてくれる薬で、息子が人間関係を築くために必要で…。

分かってるけど、そんな薬の意図すら逃げにしか思えなくなるのです。
ちゃんと産んであげられなかった自分の非から…。

息子の体重があまり増えていないことは気がかりですし、不眠もつらそうです。

コンサータからの切り替えには、2ヶ月ほどを要します。
その間、どうなるんだろう…。
薬というからには、副作用が必ずあるわけで、やはり予測がつかない不安はあります。
どうするのが一番いいんだろう。

病院の先生と納得するまで話がしたいですが、
こういった病院は県内にも3箇所しかなく、先生の数も足りません。
常に予約でいっぱい。
新しく診断を受けようにも、予約まちで半年以上かかる現状があります。
うちの予約も一番早くて、1ヶ月後でした。

しばらくは考える日が続きそうです。


親がこれじゃ、駄目だなぁ…。
あなたは大丈夫だと、胸を張って背中を押してあげなきゃいけないのに。

さて、食欲がらみ。


子供の好きな食べ物って何でしょう?

コロッケ?カレーライス?ハンバーグ?オムライス?焼きそばにラーメン。
いろいろありますよね。

そんな我が家の息子の一番好きな食べ物。


しいたけのしょうゆ焼き



('Д')…
[PR]
# by kiran00 | 2009-09-07 20:50 | 育児関係
ペットショップの危険性
っていうと、ものすっごく真剣なお話みたいなんですけどね。

今日、息子と買い物へ行った時にペットショップを見て行きたいといわれて
じゃあちょっとだけね~と見に行きました。

しかし、これは危険だと後で知ることに…。



小動物コーナーに真っ先に向かった息子。
後を追うように行く私。

そこにはなんとも魅惑的な光景が広がっているわけですね。

先日のぼたんさんが出くわした状況ではないけれど、
ハムスターのケースの中にまだ3センチちょいくらいのチビチビヨロヨロベビーが…。

他の子の半分!?しかもよろめいてる。
私の人差し指の第二間接くらいまでしかない…。
そして、水が飲みたいのか、給水器の飲み口ではない場所を必死に舐めたり
かじったりして格闘している様子に、この子給水器で水のめるのか?と。

ケースはある。
飼育は可能である。

一瞬つれて帰ろうか…という気分になったものの、
何が足りないか、言い聞かせてみる。

--------------------ここから心の葛藤---------------------

そうだ、私には今居る子たちを幸せにするのが第一で、しかも数も多い。
何が足りないって、私の心の中のキャパが足りない!多分、きっと、絶対!!
そんな状態で我が家にきて、幸せにしてあげられないかもしれないじゃないか!
息子がカブトムシを連れてきた時に、連れて来たなら必ず幸せにしてあげる事と
だから幸せに出来ない命をお迎えしちゃ駄目だよって約束もしたし…。
命に対して責任を感じないで連れてきたことなんて今までないけど、
この子は飛びぬけて小さいから、きっとすぐ目に留まって
きっといい飼い主さんがお迎えしてくれるに決まってるに違いない!!

--------------------ここまで心のの葛藤---------------------


踏みとどまりました。
ふぅ…。



危険ですよね、ペットショップって(´・ω・`)
なんでああも魅惑的なのか…。

しかーし、まぶたの裏に焼きついて離れない罠。
[PR]
# by kiran00 | 2009-09-07 20:26 | その他管理人の趣味