個性
6匹の子をお世話していると、本当に小さいながら個性が際立っているのが垣間見られます。

面白いなぁと思ったのは食事風景。



今朝のこと。
仕事に行く前の主人に、シュウへビタミンのサプリメントをあげてから行ってねと、
1粒のサプリメントを手渡しました。
ちょうどそのとき、シュウはペレット頬張り中。
別に、お皿にサプリメントを入れて行ってくれれば良かったんですが、
主人は手渡しをしてから行きたかったようで、『シュウ~』と呼びました。

すると、食べている最中だったペレットを口にくわえて、主人の元へ駆け寄るシュウ。
当たり前ですが、頬袋がないデグーには口に1つ咥えれば手一杯です。
でも欲しい…けど口はふさがってて持てない…けど、欲しい。
主人は、『もてないか~。じゃあお皿に入れとくからな』と、声をかけて入れたところ、
シュウもお皿に戻って、ペレットを口からお皿に戻して、主人の元へ…。
『なんだオイ、ペレット戻してきたのか(笑)』と、お皿からサプリメントを取り、
結局手渡しでシュウに与えましたとさ。

ペレットを戻してサプリメントを取りに来たシュウをみて、めぐはどうかなぁ…?と私。
呼ぶと、やはりペレットを咥えたままやってきました。
そこでサプリメントを見せてみる…。
咥えたまま、匂いを嗅ぐめぐ。次の瞬間、ペレットをポイ、サプリメント獲得。
決断早いわぁ…なんて思ってみてました。

ちなみに、はぐは『呼んでも食べ終わるまで寄って来ない』が正解です(笑)


アキは頬袋がありますからね…。
『とりあえず仕舞い込んで、次をねだる…けど、持てなければ容赦なく捨てる』が正解。


セイとコウはですね。
基本は夕方、まだ眠っている時にご飯の減りを確認しつつご飯を交換しているので
そういう点でははっきりしませんが、
栗虫ちゃんをあげたときには、バクン!!と咥えて幸せそうに食べるセイに対して
コウは、おっかなびっくりで咥えて持ち去ってコッソリ食べます。
ケースに寄っていくと、『モットクレクレ』して張り付くのはセイちゃん。
手のひらで眠るのに、行くと隠れるのはコウちゃんです。



みんな違ってみんなイイ って所でしょうか(´∀`)
[PR]
by kiran00 | 2009-01-30 19:37 | その他管理人の趣味
<< さて… 暗い場所で >>