デジカメ練習中
一眼レフは、知れば知るほど面白くなっていきます。
静止しているものを撮るのもいい勉強ですが、動きが激しいアキやはぐ、
息子たちを撮るのは本当に楽しくて仕方ありません。

ということで、早速今日も撮ってみました(*´Д`*)

まずはアキ。
e0131947_10524973.jpg

リスらしいというか、金網より木にとまってる姿がやっぱり似合うね。
反復しにくいようにレイアウトをかえたので、台も取っ払ったため木に登って食べます。
e0131947_1055778.jpg

絞りを開いて光の量を増やして被写界深度を浅くすることで
ピントがあう範囲を狭くして、被写体を引き立てることが出来ます。
コンパクトデジカメは、どこにでもピントをあわせやすいようにと、
被写体深度を深く設定されているそうです。
細かい設定がきくのが一眼レフのいいところでもあり、難しいところでもありますね。

では続いてはぐちゃん。
e0131947_1103337.jpg

上から名前をよんでパチリ。
レンズ前の金網はかなりぼけています。ないほうがいいんだけどね~。
e0131947_1111826.jpg

さらに寄ってきたので、正面から撮ってみました。

昨日の写真は、ISO感度を800まであげていたので画質が荒かったと思い
今日は400までさげました。
ISO感度というのは、カメラが光を感じる度合いを数値化したもので
ISO感度が低いほうが光をかんじにくくなり、高いと少しの光で明るく撮れます。
が、感度が高いとノイズが増え、目の粗いざらついた写真になるのです。
昼間明るい場所ではISO感度を低めに、夜景や暗い場所では高めにと
使い分けが必要になってくるわけですが…

書いて覚えても、体が感覚をつかむまではまだまだかかりそうです(´ー`)


『デグーの赤ちゃんの里親募集』記事はこちら
※里親募集記事が下へいくと意味がないので、しばらくはリンクを貼ります。
[PR]
by kiran00 | 2009-01-10 11:14 | シマリス
<< ハンモックの色が深い赤って お掃除 >>