歳の瀬
いかがお過ごしでしょうか。
粟丸です。

少し時間が出来る~と喜んでいた矢先、祖母の結核・息子のウィルス感染と続き
クリスマス・イヴである一昨日の夜中には、ついに布団に大量に何度も吐きあげた息子。

暇なんか与えてくれませんでした。


まだ昨日までは食事も出来ず、熱もあり…という状態でしたが、
今日になってようやく体調も安定、今年最後なので心配しつつも保育園へ送り出しました。


息子は食物アレルギーがあるので、インフルエンザの予防接種も受けられません。
マスクをしていられなかった息子ですが、今回のことでマスクの重要性を知ってくれて
ずっとしていられるようになりました。

寒いのはヤダといって、朝から母も父も困らせる息子ではありますが、
元気になってくれてイヤハヤ、少し安心です。


だいぶご無沙汰してしまい、返事も滞ったまま放置で申し訳ありませんでした。
まだ本調子とはいかないし、何せ忙しい年末年始が迫っております。

ブログは変わらず停滞気味となるかもしれませんので、
コメント欄は伏せさせていただこうと思います。


さて、毎度おなじみの近況報告。


アキの尻尾は完全復活を遂げました。
日々120パーセント元気に跳ね回っております。
おかげで、以前に増して写真が撮れなくなりましたが、元気なのでもーまんたい。

これも、皆様のアドバイスや励ましがあってこそです。
本当にありがとうございました。


セイとコウは、相変わらず不仲ではありますが、2匹ともケースの中を駆け回っています。
小さい体で精一杯生きる様は、たくましさすら感じます
2匹がケンカをしてしまうと、命の危険を伴うので別々のケース暮らしではありますが、
2匹そろってふっくら丸々としてきました。元気で食欲もある、いいことです。

そして、亡くなってしまったスズが女の子であったことも、2匹から学びました。
あんまり凛々しいから、ママ勘違いしてたよ…ごめんね、スズちゃん。


さらに、今年我が家では立て続けに命が失われました。
ハムハムズですね。
クリスマスに近所のペットショップへいくと、ハムハムズが380円で特売されていました。
可愛かったけれど、今となってはもうハムちゃんと暮らすことは出来そうにありません。
我が家にはすでにたくさんいるし…ってことではなく、、失った子らの存在の大きさ故ですね。
こちらも小さな体で精一杯生き抜いてくれた命に感謝です。


そして、最後に我が家に加わったデグーのはぐ。
彼女は、今朝命を失いかけましたが、寸でのところで一命を取り留めました。
食べても食べても大きくならないはぐ。
ペットショップでみかける生後1ヶ月で売りに出されている子たちより断然小さいはぐ。
甘えん坊で、一度抱っこすると擦り寄ったまま離れようとはしない寂しがり屋さんです。

今は、状態も落ち着いて眠っていますが、朝触れたときは体も冷たく硬くなっていて
何をしても反応はなく、もうだめかな…とも思いました。

保温もほかの子らと変わらず、食事も水もあるのにどうして…?と、いまだに謎ですが
とにかく諦めなくてよかった。食事も水も飲んで、ぬくぬくしつつ今は元気そうです。


旦那さんの両親も、肺炎をわずらって入院したりと、とにかくいろいろありました。
そんな今年も、あと少しで終わります。

新年は、ものすごく寒くなるそうですが、みんなそろって迎えたいものです。


皆様も、健康には気をつけて、よい年をお迎えください。
[PR]
by kiran00 | 2008-12-26 12:56 | その他管理人の趣味
<< ズーゾーンシリーズ 大忙し >>