ハッピーバースディ!
7年前の今日、午前7時4分、息子が産声を上げました。

もう7歳か…早いな。
優しくもやんちゃで、でもすごく真っ直ぐに育っております。
物怖じせず、知りたいことには一直線。


7年前かぁ…。
その頃は、我が家には黒いウサギさんがおりました。
ネザーランドドワーフのブラックタンの男の子。
ヤッコちゃんといいます。

本当に可愛くも大人しい子で、家を破壊工作したことはなく
私の足の周りを八の字に跳ねて遊ぶのが大好きな子でした。

息子は、幼いながらもその子のことを覚えています。
息子が2歳半を過ぎた頃まで我が家に居てくれた子でした。

今でもたまに話題にのぼります。
まだカメラつき携帯とか、普及してなかったから写真がないのが残念。


と、話は逸れました。脱線は毎度のことのようにも思いますが。

7年前の今頃は、私は立ち会ってくれた母親にしがみついて
うんうん唸っていた頃ですね。

私は微弱陣痛で、陣痛の間隔が3分まで縮まってからまるっと2日
まるっきり陣痛の間隔が短くならずうなされ続けました。
自然分娩を奨励する病院だったので、陣痛促進剤の使用もなく
ようやく我が子と対面したものの、その後39度近い熱で倒れ
息子を腕に抱くことが出来たのは2日後だったりと、
結構散々だった気がします(笑)

二度と子供は産むまい!とその時心に誓ったわけですが、
息子の顔を見ていると、ただただ可愛くて幸せで、
そんな苦労をしても産んで良かったと思うんですよね。

7歳になった息子。
得意なのは算数で、寒いという理由で体育が苦手。
勉強に関しては遅れることもなく、むしろ賢く成長していますが
対人面に関しては、まだ『後追い』卒業したばかりです。
本来、後追いってハイハイからタッチしてヨチヨチ歩けるくらいの赤ちゃんがしますが
うちの息子は、やっと最近後追いを始め、今月になって後追いを卒業しました。
トイレにいったり、姿が見えないと探しに来ます。お母さんどこいったのかなって。
しかし、病院の先生に言われました。

『息子さんが後追いを始めたのは、やっと人に対する愛着や愛情が育ち始めた証拠です』

何事にも無頓着で、一人で遊ぶこともまったく苦にしなかった息子が
やっと人と居る温かさを知った…この成長を目の当たりに出来るのってすごい幸せ。

7歳の1年間も、きっとたくさんの成長を目の当たりにするんだと思います。
少しずつ、外で私が干渉することを嫌がるようになったのも成長。

…うーん…ちょっと寂しいカモ。
息子にとって、我が家にとって良い1年になりますように…。

あ。
親から届いたメッセージカード、枕元に置いておこうかな。
…気付くかしら(゚∀゚)
[PR]
by kiran00 | 2009-12-20 00:38 | 育児関係
<< アキの動画 財布の中を… >>