奥が深いな…
アキが亡くなって、1週間と少し経過しました。
まだ1週間です。
なのに、とても長い時間が経過したような…不思議な気持ちです。

コメントを寄せてくださった皆様、ご心配おかけしました。
何より、温かなお言葉、本当にありがとうございました。

昨日、ようやくケージをしまいました。

息子は、アキのいた景色が失われていくのが嫌だったようで、
『なんで片付けちゃうの…』
と寂しそうに、私が片付けている様子を見つめていました。

私も息子も、悲しさも後悔も尽きることはないけれど、
いつまでも悲しみに暮れているわけにもいきません。
私の元気がないと、息子も私に遠慮するのです…。
『いつ元気になる…?』
息子は私にそう問いかけました。

母は家庭の太陽だ!というのが私の理想なのに、
こんな心配を息子にかけるなんて、母親失格です。

だから、こんな優しい息子のためにも気持ちの切り替えが必要でした。

夕方、近所のスーパーにあるカメラのアマノで
ミニアルバムを作ってきました。
アキの写真をたくさん入れて作りました。
いつでもアキの顔が見られるように…。

そのまま、隣接しているペットショップへ立ち寄り、デグー達のペレットと
夜行性組の動物性たんぱく質系の食事を購入。
小動物コーナーには、シマリスが1匹。
男の子がビクビクしながらケージの中を右往左往していました。
その様子を少しの間眺めて、家へ帰りました。
(シマリスの顔って、似通っている部分が大きいと思ったのに、
アキとこの子にはシマ以外似ていると思う部分が何もない…)
性格はもちろん、顔にも個性ってこんなに出ていたんだなと思い知りました。

アキの面影を追う日々はまだまだ続きそうですが、
せめて息子に心配かけないところで…と思います。


さて、ブログ更新に関してですが、回数は決めていませんが
今現在目標にしている事が成ったら、そのことを皆さんに報告し
当ブログ更新終了とさせていただこうと思います。

残り何回になるか分かりませんが、お付き合いくださるとうれしく思います。




さて、気分をかえようと思います。
意図的になので、文章が支離滅裂になりそうではありますが。


アキは、2年近くを一緒にすごしましたが、ほぼケージ飼いオンリーだったせいか
トラさんにはなりませんでした。
いや、単に私が鈍感で気づいてなかった…わけはないと思います。多分。
新居に越してきて散歩を繰り返しても、特に手に突進してくることもありませんでした。

新居に越してくるまでの間、アキを100%ケージ飼いにしてきたのは、
息子が幼く、アキの安全の確保が難しかったことと、
人とアキの縄張りを把握させて、タイガーになるのを防ぐ目的がありました。

でも、散歩していた最近のアキは本当に生き生きとしていて。
自分のしてきたことが、本当に正しかったのかどうか、悩むときもありました。


アキが病院でショックを起こしたのも、ちゃんと人と触れ合うことに慣れさせていなかった
私の落ち度でもあると考えていましたし、普段から触診できないリスクってあったと思います。
何より、幼い頃からもっと触れ合っていたら、アキともっと仲良く…なんて考えもしました。

今まで、たくさんのシマリス飼いさんのブログを拝見してきましたが
その大半の子がこの時期になると小さなトラさんになっているようで、
むしろ『うちの子はなりません!』ってところに出会えませんでした。

仲が良くなるほどに、秋冬に牙を向く…というのは知っていましたが、
仲良くなるためには、やはり幼い頃からコミュニケーションを多くとる必要がありますよね。

…シマリスって奥が深いなぁ…
仲良くなりたいけど、タイガーはちょっと怖い。

志村どうぶつ園で、タイガー化したシマリスと、動物と会話が出来るハイジさんとの
対話が実現したらいいのに…と、ちょっと本気で思っている粟丸でした。
どういう理由があってトラ化してしまうのか、憶測ではなくてシマリスさんに聞いてほしい…。
トラ化しなかったものの、そういうところからアキの気持ちが少しだけ
分かる気がして。そんなきっかけになるような気がして。

志村どうぶつ園のご意見コーナーにある、『ハイジさん』の応募欄あったなぁ…。

でもあれは、やはりそれなりの感動秘話みたいなものでないとやはりダメなのかしら(´・ω・)
[PR]
by kiran00 | 2009-12-18 00:00 | シマリス
<< 雪 『アキ』 >>