ペットショップの危険性
っていうと、ものすっごく真剣なお話みたいなんですけどね。

今日、息子と買い物へ行った時にペットショップを見て行きたいといわれて
じゃあちょっとだけね~と見に行きました。

しかし、これは危険だと後で知ることに…。



小動物コーナーに真っ先に向かった息子。
後を追うように行く私。

そこにはなんとも魅惑的な光景が広がっているわけですね。

先日のぼたんさんが出くわした状況ではないけれど、
ハムスターのケースの中にまだ3センチちょいくらいのチビチビヨロヨロベビーが…。

他の子の半分!?しかもよろめいてる。
私の人差し指の第二間接くらいまでしかない…。
そして、水が飲みたいのか、給水器の飲み口ではない場所を必死に舐めたり
かじったりして格闘している様子に、この子給水器で水のめるのか?と。

ケースはある。
飼育は可能である。

一瞬つれて帰ろうか…という気分になったものの、
何が足りないか、言い聞かせてみる。

--------------------ここから心の葛藤---------------------

そうだ、私には今居る子たちを幸せにするのが第一で、しかも数も多い。
何が足りないって、私の心の中のキャパが足りない!多分、きっと、絶対!!
そんな状態で我が家にきて、幸せにしてあげられないかもしれないじゃないか!
息子がカブトムシを連れてきた時に、連れて来たなら必ず幸せにしてあげる事と
だから幸せに出来ない命をお迎えしちゃ駄目だよって約束もしたし…。
命に対して責任を感じないで連れてきたことなんて今までないけど、
この子は飛びぬけて小さいから、きっとすぐ目に留まって
きっといい飼い主さんがお迎えしてくれるに決まってるに違いない!!

--------------------ここまで心のの葛藤---------------------


踏みとどまりました。
ふぅ…。



危険ですよね、ペットショップって(´・ω・`)
なんでああも魅惑的なのか…。

しかーし、まぶたの裏に焼きついて離れない罠。
[PR]
by kiran00 | 2009-09-07 20:26 | その他管理人の趣味
<< 息子について。 動画撮ってみた。 >>