一歩ずつ前へ
まだまだ甘えっ子で、夜のトイレはやっぱり一人じゃ怖い息子。
眠るときも抱っこ抱っこで、手が離れると嫌がる息子。

頭を撫でられるのも、ぎゅっと抱っこされるのも大好きな息子。

おいで と言って両手を差し伸べると、嬉しそうな恥ずかしそうな顔をして
ぎゅっと擦り寄ってくる。
けど、やっぱり大きくなった自覚なのか単に恥ずかしいのか、
腕の中からスルリと出て行ってしまう。

腕にかかる体重も、ちょっと高めの体温も私の幸せのひとつだけど
甘えん坊でも男の子、少しずつ、離れていくのが分かる。

周りからの苦情だったりで、育児のプレッシャーがひどくて
息子の後頭部がはげてしまうほどく『怒って』ばかりだった2歳の頃。
今となってはそれはただただ後悔ばかりだけど、
その頃より私も少し『叱る』ということを学んでいると思いたい。

叱った分だけ、少しずつ愛情を掛けてあげられるようになった。


親としてはまだまだ未熟で未発達だけど、それでも息子は慕ってくれる。


春の暖かさが増して、桜が咲いた頃、
実家の近所の公園へ桜を見にいった。

息子は、繋いでいた手をほどいて、どんどん走っていく。
公園まで一直線。振り返ることもなかった。
e0131947_19263864.jpg

少し前、保育園へ行く間ずっと握っていた手を離すことはなかったのに。
息子が確かに成長しているという、小さな証だと思う。
寂しさはあるけれど、いつかは親離れする時がくるんだなぁと実感。
[PR]
by kiran00 | 2009-05-08 19:29 | 育児関係
<< ゲーム…? アキは元気です。 >>